HOKKAIDO BARBARIANS R. F. C. 特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズ ラグビーフットボールクラブ
トップページ 概要 クラブ情報 日程 試合結果 メンバー リンク 掲示板 写真集
クラブ情報
2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
2000年クラブ情報

NPOに優遇税制。寄付の一部を課税所得から控除
全国社会人大会にクラブも
全国大会に向けた練習日程
曼荼羅に雪辱ならず、東日本準優勝
東日本クラブ選手権、3回戦突破
東日本クラブ選手権、初戦突破
東日本クラブ選手権開幕
9月15日に函館遠征
第2回別海ラグビーフェスに参加
9月3日にチームパーティー
ノーサイド有珠山ラグビーフェス(7月20日)開催
北海道選手権。Aが6度目の優勝。C、Coltsもブロック昇格
北海道選手権メンバー&日程
7月20日に「がんばれ有珠ラグビーフェス」
ABスコッド(暫定)決まる
21日に新人歓迎会&送別会
長谷川がC級コーチ資格取得
クラブ総会開く。2000年度新体制決める
クラブ総会議案
クラブ総会22日午後5時から
16、23日のトレーニング日程決まる
トレーニング開始は4月16日。総会は22日
田尻GMが文部省会議で講演
新マネージャー、佐藤梢さん
3月4日に納会と総会
来季に向けて意見を聞かせてください
内地バーバリアンズ、本格活動宣言
ああ、クラブラグビー。平野さんからメール
全国クラブ大会決勝報告
全国クラブ大会。初戦突破も準決勝で六甲クに逆転負け
来年こそは全国制覇。メール届く
負傷者続出。全国大会

NPOに優遇税制。寄付の一部を課税所得から控除

 2001年度の税制改正で、NPO活動を支援するため、2001年10月から個人・法人による寄付金を税制面で優遇する制度が創設されることになりました。NPOに対する寄付金の一定額を課税所得から控除するもので、NPOに対する優遇税制はかねてから懸案とされていていました。

 対象となるNPOは、
 1.総事業費の80%以上、寄付金の70%以上をNPO活動に充てている
 2.総収入に占める寄付金の割合が3分の1以上
 3.運営組織や経理、事業の内容が適正
 4.情報公開が適切
 -などの要件を満たすと国税庁長官が認定した団体となります。

 個人の場合は、所得税の「特定寄付金」として、年間所得の25%までの範囲で寄付金から1万円を差し引いた所得控除を認める。法人もその会社の所得や資本金などに応じて一定限度までの損金算入を認めるとなっています。

 国税庁による認定が個別にどのような判断基準で行われるか、総収入の3分の1以上の寄付を集められるか、など課題はあります。また、個人の場合の所得控除の進め方など研究、検討すべき課題です。
前のページに戻る ページのトップに戻る

全国社会人大会にクラブも

 日本協会が刺激的な決定をするようです。

1.全国社会人大会へクラブチームも出場権

 12月11日の関東協会理事会で、クラブチームも全国社会人大会へ出場できるよう、大会規約の改正を行うことが決定されました。関西、九州協会が追随すれば、24日に開かれる日本協会理事会で正式に決定されます。
 まだ、細かなシステムに関しては未作業ですが、クラブチームが望めば、来年から(2001年)社会人大会−日本選手権大会へ出場できるようになります。
 社会人委員会では、1年後をメドに規約の改正作業中でしたが、例の新日鉄釜石のクラブ化にともない、1年前倒しで実施されることになりました。クラブチームは、8年前に全国クラブ大会を立ち上げ、昨年からは秩父宮で決勝戦を開くまでになっていました。今後は、全国クラブ大会と社会人大会と、どちらも選択できるようになります。メンバー数の多いチームでは、登録を分ければ、双方に出場できる可能性も出てきました(選択権を認めるかどうかは未定)。また、たとえば、マンダラが社会人大会へ出たいといった場合、社連の4部からスタートするのか、2部あたりからスタートするのかも未定です。

2.新日鉄釜石がNPO法人化

社会人チームの新日鉄釜石が、社員以外にも門戸を開き、2001年からNPO法人化されることになりました。地域スポーツクラブ「釜石クラブ」(仮称)が発足します。

3.朝鮮大学校に大学選手権への道

同様に、昨日の関東協会理事会で、朝鮮大学校の関東大学リーグ戦グループへの加盟が認められました。朝鮮大は、ながらく学校教育法上の大学に当たらない各種学校という解釈が行われ、そのため、大学選手権への道が閉ざされていました。今までは<学生クラブ>として、関東学生クラブ選手権対大会に出場していました(昨年度大会は優勝)。来年度からは、リーグ戦グループで活動することになり、実力次第で、全国大学選手権大会へ出場が可能となりました。

クラブチームを取り巻くラグビー状況は、劇的に変化しています。
前のページに戻る ページのトップに戻る

全国大会に向けた練習日程

バーバリアンズの皆様へ
 全国大会へ向け練習を再開します。Aチーム中心の練習になりますが、特に若手は積
極的に参加してください。
12/3 日 12:00 〜14:30 米里小学校 体育館 白石区米里1条3丁目
12/5 火 19:00〜 21:30 西野中学校 体育館 西区西野8条7丁目
12/9 土 15:45〜 18:15 旭小学校 体育館 豊平区水車町3丁目 
12/10 日 8:45〜 11:45 豊水小学校 体育館 中央区南8条2丁目 
12/12 火 19:00〜 21:30 西野中学校 体育館 西区西野8条7丁目 
12/16 土 15:45〜 18:15 豊水小学校 体育館 中央区南8条2丁目 
12/17 日 9:00〜 12:00 ツインキャップ 土 西区八軒4条西6丁目農試公園内 
12/19 火 18:00〜 21:00 ツインキャップ 土 西区八軒4条西7丁目農試公園内 
12/23 土 8:45〜 11:45 美香保小学校 体育館 東区北18条東6丁目 
12/24 日 9:00〜 12:00 ツインキャップ 土 西区八軒4条西7丁目農試公園内 
12/26 火 18:00〜 21:00 豊水小学校 体育館 中央区南8条2丁目
練習開始時間にはすぐ始められるように早めに来て下さい。

北海道バーバリアンズ平島
前のページに戻る ページのトップに戻る

曼荼羅に雪辱ならず、東日本準優勝

東日本クラブ選手権決勝が11月19日(日)、東京・江戸川陸上競技場で行われ、バーバリアンズは東京第一代表・曼荼羅クラブに21-32で敗れました。昨年に続き曼荼羅との決勝でしたが、雪辱できず2年連続の準優勝となりました。曼荼羅は東日本クラブ選手権5連覇を達成しました。この結果1月7日に沖縄で開幕する全国クラブ大会の関東代表は第一代表=マンダラ、第二代表=バーバリアンズ、第三代表=湘南フジクラブとなりました。なお、湘南フジには、バーバリアンズの元メンバー日高君が所属しています。

マンダラ 32−21 北海道バーバリアンズ
前のページに戻る ページのトップに戻る

東日本3回戦突破

東日本クラブ選手権3回戦 10月8日、茨城県 

北海道バーバリアンズ 36−12(15−5、21−7) 白楊クラブ

 白楊クラブに36対12で勝ちました。前半15対5 後半21対7。つぎは勝沼クラブと11月5日に神奈川で準決勝です。
 試合の内容は不十分で相変わらず余計なペナルティが多くバーバらしくない試合でした。ともあれ勝ちは勝ちです。準決勝です。頑張りましょう。勝沼の梶原を見ていて悲しくなりました。あれは僕の知っている梶原ではない。声をかけるのをためらいました。佐藤、毎試合が勉強だね。頑張れ。(田尻)
前のページに戻る ページのトップに戻る

東日本初戦突破

 東日本クラブラグビー選手権は24日、2回戦8試合を行った。2回戦から登場の北海道バーバリアンズは札幌・月寒競技場で茨城県代表のピッグノーズと対戦した。バーバリアンズは、セットプレーで苦しみながらも33−21でピッグノースを破った。バーバリアンズは10月8日に茨城県で行われる準々決勝で白楊ラガー(栃木県代表)と対戦する。

9月24日

北海道バーバリアンズ 〇 33−21 ●ピッグノーズ     月 寒
三  洋       〇 24−5  ●飯田クラブ      前 橋 
北  斗       ● 13−31 〇湘南フジ       前 橋
曼 荼 羅      〇127−5  ●RC85       山梨
勝  沼       〇 35−8  ●千葉バーバリアンズ  御勅使南
オーバーザトップ   ● 18−27 〇白楊ラガー      熊 谷B
ツクバリアンズ    〇 24−0  ●アウラーズ      熊 谷B
上磯ラガー      〇 26−12 ●I.Kタックス    盛 岡
 
 ジェイミー・コベントリー主将のコメント

 Congratulations for the win against Pig Nose. Certainly we weren't at our best but it is good to be in the Quarter-finals.
 I was disappointed with the way the forwards played. We need to be alot more aggressive and tougher at scrum and lineout time. We were also too slow to support our inside backs and the ball-carrier.
 Our backs our looking better on attack with each game, even though they had little ball on Sunday. There were some poor defences eras in the backs on the weekend however.As the opposition are getting better we have more pressure on us. Not as much time to pass or catch or make a tackle. We made so many basic mistakes because of this pressure. A need for better concentration and communication.So, many things to work on at this weekends training.
 Congratulations to Matt, Jin, Peter, Suzuki and Miyoshi. All had fine games I thought.Keep up the fitness work during the week. Some great rugby and fun ahead of us in the next couple of months. Make sure you're part of it.

Captain Jaimie Coventry

 Pig nose 戦の勝利おめでとう。決して調子は良くないが準々決勝に進めてよかった。
 私はフォワードのプレイにがっかりしている。私達はスクラムとラインアウトでもっと積極的(攻撃的)に、そして強くなくてはならない。またインサイドバックス(センター)とボールキャリアーへのサポートが遅すぎる。
 バックスは日曜日にはあまりボールがまわってこなかったが、試合をこなす毎に攻撃が良くなってきている。しかしディフェンスではいくつかのつまらないミスがあった。相手チームが強くなってくるにつれ、私達にかかるプレッシャーも増えている。パス、キャッチ、タックルをする時間が以前より短くなっている。私達はこのプレッシャーのせいでいくつもの基本的ミスを犯した。もっと集中力とコミュニケーションが必要である。従って、今週末の練習ではやらなくてはいけない事がたくさんある。
 Matt, Jin, Peter, Suzuki, Miyoshi おめでとう。みんないい試合だったと思う。平日もフィットネストレーニングして、これからの数ヶ月で凄いラグビーと楽しみが待っているから。一緒に楽しめるように。

ジェイミー・コベントリー主将(矢内稔さんよりメール。富山化学ラグビー部:桑畑訳)

工藤より

 こんにちはピックノーズ戦の結果見ました。試合を観戦できなかったので、試合内容は分かりませんがスコア的には余裕の勝利ですね。今大会も勝ち進むごとに相手のプレッシャーは強くなりタイトな試合になる事でしょう。
点数を獲る事が出来ず、試合中にフラストレーションが溜まる事があると思いますが、そこはラグビーと言うスポーツを理解して冷静に判断したいものです。昨年の教訓を生かし、失点には要注意ですね。個人的には、1点差でも勝ちは勝ちで負けは負けだと思います。(笑)勝利にこだわり、次のゲームもがんばって下さい。応援しています。 PS試合も観ていないのに書いてしまいました。ごめんなさい。
前のページに戻る ページのトップに戻る

東日本初戦

 東日本クラブ選手権大会の初戦となる2回戦(対ピッグノーズ)が24日、札幌月寒競技場で行われる。
24日(日)A VS ピッグノーズ 11:00キックオフ。
練習および試合のスケジュール
23日(土)秋分の日 11:50月寒競技場集合、12:00練習開始、また翌日のサポート体制の確認などがありますので、A、B、C、ボーミッツ、コルツまでとにかく全員集合してください。全員応援体制で望みましょう。
前のページに戻る ページのトップに戻る

9月15日に函館遠征

 バーバリアンズの皆様へ
今週の土曜日(9/9)9:30豊平河川敷(幌平橋北西岸)FWは11:00から北星学園大(大谷地)に移動して、スクラムを組みます。9:30に間に合わない場合は直接北星学園に行ってください。日曜日は9:30集合でBC連合は10:30エンレイ、Aは11:30フェニックスです。場所は野幌です。9 月15日函館でAが上磯と北海道クラブNO1をかけて試合します。現在、バスでいくか、車で乗り合わせていくか検討中です。函館に行く場合の車、バスの希望を大至急知らせてください。

平島
前のページに戻る ページのトップに戻る

第2回別海ラグビーフェスに参加

 バーバリアンズは8月19日、昨年に続き第2回別海町ラグビーフェスティバルに参加した。参加したメンバーは選手、マネジャー、家族を含め40人近く。メンバーは午前5時に札幌を出発して7時間かけて別海町に到着した。午後0時半からの開会式の後、小中学生を対象にしたタグラグビー教室、模範試合としてバーバリアンズ対別海ラガー、そしてバーバリアンズのメンバーによる別海高校ラグビー部、岩見沢ラグビースクールに対する指導が行われた。
 終了後は温泉宿泊施設の郊楽園で別海ラグビー協会の招きによるバーベキューパーティーに参加、懇親を深めた。また、20日には別海高校と岩見沢ラグビースクールによる練習試合が行われた。
 別海ラグビーフェスは別海高校ラグビー部顧問でバーバリアンズメンバーの三宅武寿氏と別海ラグビー協会の尽力で、昨年から始まった。札幌から遠距離だが、別海側の暖かい受け入れもあり、昨年より多くのメンバーが参加が得られた。
前のページに戻る ページのトップに戻る

9月3日にチームパーティー

 バーバリアンズはシーズン後半の目標となる東日本クラブ選手権の初戦を2回戦(9月24日、月寒)でピッグノーズと対戦します。東日本に向けてチームパーティーを9月3日午後6時からブライアンブルーで開きます。東日本に向けてみんなで盛り上がりましょう。メンバー2500円、サポーター2000円。問い合わせは大野(職場011−642−9221)へ。
前のページに戻る ページのトップに戻る

ノーサイド有珠山ラグビーフェス

 北海道バーバリアンズRFCは7月20日、噴火災害に見舞われた有珠山周辺地域でのボランティアとして「ノーサイド有珠山ラグビーフェスティバル」を伊達市だて歴史の杜多目的広場で開いた。

 メンバー40人に加え、伊達市、虻田町など地元の幼児、小学生15人はじめ岩見沢ハイスクールクラブ、北白石中学校ラグビー部の中高生ら30人も参加した。ラグビーボールを使って遊ぼうを趣旨に、ボールを手渡しでリレーするムカデ競争からドリブル、パス、鬼ごっこなどを行った。
 はじめての試みとあってどれだけの人が集まるか、参加した人に楽しんでもらえるか、メンバーの参加はどうかなど、数々の不安はあったが、いざ始まるとちびっ子から大人まで目を輝かせてボールを使った遊びに熱中、2時間ほどの短い時間だったが、大いに楽しんでいただけたようだった。
 札幌から足を運んで準備を進める難しさもあったせいか、地元の参加者が少なかった点は多少残念だった。しかし、クラブのメンバーはじめ、NPO札幌ニュージーランド協会、NPO北海道日中青少年交流協会、ボランティアサポートセンター、焼肉と料理シルクロード、メディカル山形薬品など多数の方々の協力、支援を頂き、多くの成果が得られた。
前のページに戻る ページのトップに戻る

北海道選手権、Aが6度目の優勝

 第30回北海道ラグビーフットボール選手権が7月8、9、11の3日間、道立野幌総合運動公園などで開かれ、北海道バーバリアンズはAがAブロックで2年連続6度目の優勝を飾った。Aブロック初出場のBは1回戦でサッテツに快勝、準決勝で上磯ラガーに大敗したものの記念すべき勝利を挙げた。またCはHブロックで、初出場のコルツはNブロックで準優勝し、それぞれブロック昇格を決めた。Stale VomitsはJブロック1回戦でなすすべなく敗れた。

●Aブロック
決勝  A 26-8 上磯ラガー
準決勝 A 30-7 道都大
    B 0-43 上磯ラガー
1回戦 A 61-0 北海道教員団
    B 27-7 サッテツA

●Hブロック
決勝  C 9-12 北海道医療大 (Gブロックに昇格)
準決勝 C 17-17 道工OB
    (抽選勝ち)
1回戦 C 21-6 NTT北海道

●Jブロック
1回戦 SV 3-61 ウインズ

●Nブロック
決勝  Colts 27-17 サッテツB (Mブロックに昇格)
準決勝 Colts 19-12 中央市場
1回戦 Colts 67-7  OBクラブ
前のページに戻る ページのトップに戻る

全道大会メンバー&日程

 7月8日から始まる北海道ラグビー選手権の日程、各チームメンバーが決まった。集合時間は試合開始前の1時間半前です。自分の試合以外にもメディカルサポーター、ボールボーイなどの各チームのサポートもありますので確認してください。今回はBがAブロックに昇格、さらに若手中心のコルツが初出場する記念すべき年です。A、Bの決勝対決が実現するか、コルツの戦い方など楽しみです。

日程

集合は試合開始の1時間半前
( )はサポートチーム
敗者戦は2回戦の前試合(1時間前・場所同じ)

7月8日1回戦
B vs サッテツ    11:00 野幌後 (SV)
コルツ vs OBクラブ 11:00 北大 G(C)
A vs 道教員団    12:00 野幌前( B)
SV vs ウインズ    15:00 学園大G( コルツ)
C vs NTT北海道 16:00 学園大G( A)

7月9日2回戦
A vs 道都大/東千歳自衛隊  11:00 東千歳自 G(コルツ)
B vs 北大/上磯       11:00 北大G( C)
SV vs 上磯ジュニア/KSF  14:00 医科大 G(A)
コルツ vs 中央市場      15:00 東千歳自G( A )
C vs 道工高OB       16:00 酪農大G( A、B)

7月11日決勝
コルツ 9:30 野幌後( C、SV)
SV  11:30 野幌後( コルツ)
C  12:30 野幌後( コルツ)
A  16:20 野幌前( 全員)
B  16:20 野幌前( 全員)

メンバー

Aチーム
キャプテン・ジェイミー・コベントリー
中村文隆 長谷川竜介 馬場康明 デレク・べクレイ マット・カーター 佐伯政明 市川仁 佐藤寛康 ジェイミー・コベントリー 石川史太郎 ピーター・ラインウエバー 國村大亮
平野智彦 坂本智一 ネイスン・プレステージ ピーター・ローランズ 三好学 ジョン・シレリー 山崎正晴 ローガン・ミューア 神田泰伸 西尾哲弥 信清真一 鈴木貴博

Bチーム
キャプテン・藤岡慎吾
山田英人 小野田保 西野一弥 和田秀幸 国松一徳 テリー・ローチ ブレント・サロメン リオン・ローダ 清野貴博 池田宏一 小林豪太 小林豊 
藤岡慎吾 小松武敏 加藤浩 水戸部淳 中村佳史 田中良典 中村俊一 篠原康幸 成田英司 鎌田賢悦 梅村隆人

Cチーム
キャプテン・菊池 修
内藤克 弦巻品  森山功 エリック・ハグリー 織田竜之 相馬博幸 坂田周美 谷黒正明 ダーク 若井衛 竹次 修 増田康文 千葉一誠
古川義則 梅沢正志 本田崇宏 坂本尚之 菊地修  西村晴美 奥田勤 丸山英男 海藤晃弘 佐藤敏隆 馬場海史 早川健人 蓑内豊 金田功介 東元昌一

SV
キャプテン・秋野実
稗田亨 上坂弘文 中山匡 五十嵐誠 古口聡 田尻千尋 春木孝之 佐藤孝文 奈良誠一 西村裕一 佐藤公康 高橋真二郎 宮原 正育 桑原聡 Mシソンズ 中山理夫 成田哲明 宮崎隆一郎 吉岡亨 平池充

コルツ
キャプテン・植松勇気 FWリーダー関根、世話がかり榎本
張江陽介 池田太郎 奥名信平 寺沢直樹 皆川登志 伊藤幸治 阿部誠 飴野友之 関根則仁 長屋修二 古村光平 榎本光洋 田中成臣 金子純一 岩田 英之 内藤雄太 川上祐志 天野幸哉 平間浩也 三宅武寿 松本誠 泥成爾 相場教充 土方篤 稲富誠二 鈴木玄洋 涌井大輔 渡辺孝之 福岡雅晃 植松勇気

平島は直前のアクシデントに備えチーム未定。(8日はB、A、C、SVに同行)
前のページに戻る ページのトップに戻る

「有珠 ノーサイド ラグビーフェス」 7月20日に伊達市で

 北海道バーバリアンズラグビーフットボールクラブは7月20日、噴火災害に見舞われた北海道有珠山周辺の住民の方々への激励、およびラグビーフットボール競技の普及を目的に「有珠 ノーサイド ラグビーフェスティバル」を伊達市だて歴史の杜多目的広場で開催します。
 参加対象は、有珠山噴火被災地域の方々、およびラグビー競技に関心がある方(参加される方は運動できる服装と靴があれば大丈夫です)で、年齢性別、経験の有無は問いません。「体を動かしたい」と感じている方で軽いランニング程度の運動が可能な人で約百人の参加を目標としています。
  内容は第1部(午前10時30分)はラグビー教室、第2部(正午〜午後4時)は、恒例のバーベキューを兼ねた交流会です。雨天の場合は小学校体育館となります。この催しは平成12年度の北海道スポーツ文化振興事業として北海道庁から助成を受ける予定です。
 協力参加団体 NPO北海道バーバリアンズRFC、岩見沢ハイスクールクラブ、北白石中学校ラグビー部、焼肉と料理シルクロード(備品)、メディカル山形薬品(備品)、NPO札幌ニュージーランド協会、NPO北海道日中青少年交流協会ボランティアサポートセンター

 バーバーズとしてはNPO法人格取得後、別海ラグビーフェスへの協力に次ぐ対外的なボランティア活動です。ニュージーランドや欧州のクラブでは、こうしたボランティア活動が当然のこととして行われています。会員のみなさんの積極的な参加を期待しています。
前のページに戻る ページのトップに戻る

ABスコッド(暫定)決まる

ABスコッド、Cチームの暫定メンバーが決まった。顔ぶれは以下の通り。


ABスコッド(暫定)

PR 中村、西野、奥名、小野田、馬場
HO 谷口、マット
LO 幸元、佐伯、古村、ローチ、平田
FL・NO8 ジェイミー、市川、佐藤、ピーター、リオン、石川、国村
SH 平野、内藤、川田、小松
SO ネイスン、加藤、藤岡
CTB ジョン、中村俊、岡島、ピーター、水戸部
WTB 山崎、信清、篠原、西尾、ローガン
FB 鈴木、神田、鎌田、梅村

Cチーム

PR 稗田、池田太郎、田中岳、弦巻、ビルケネディ、清野貴博
HO 阿部、森山、伊藤
LO 池田宏、飴野、織田、エリック、小林豪太
FL・NO8 谷黒、皆川、田中、金子、岩田、ジョン、ダーク、若井
SH 川上、竹次、古川、増田
SO 平間、梅澤
CTB 相場、植松、菊地、田中、中村佳史、土方、泥、三好
WTB 早川、佐藤敏隆、ケビン、坂本、海藤、北畠、田尻稲雄、丸山、涌井
FB 金田
前のページに戻る ページのトップに戻る

21日に新人歓迎会&送別会

 21日の試合後 国松君の送別会と新人の歓迎会を予定しています。16:30ころからシルクロードとブライアンブルーで。
人数の確認をしたいので連絡網ヘッド もしくは長谷川までご連絡ください。
また、21日は道工大11:00集合ですが、弦巻さんがいらっしゃいますのでミニトレーニング講習を実施します。怪我人向けトレおよび、これから個人でトレーニングをしようとしている人、学生や若手で体を作らなければならない人は参加してください。
 これは長谷川までご連絡ください
前のページに戻る ページのトップに戻る

長谷川がC級コーチに合格

長谷川が日本ラグビー協会のC級コーチに合格しました。
以下は長谷川からのメールです。

お蔭様で無事 C級コーチに合格いたしました。いろいろとご協力くださった皆様には心より御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。さすが協会、レフリーと同じでコーチの登録料が必要なのですね。びっくりしました。この資格が活かされるようにがんばります。また。選手の皆さんも気軽に相談してください。
前のページに戻る ページのトップに戻る

クラブ総会。2000年度新体制決める

 NPO北海道バーバリアンズRFCの2000年度総会が4月22日、42人が出席して山形薬品会議室で開かれた。1999年度決算報告、2000年度新体制を承認、決定しました。クラブ日本一を目指す2000年度は、秋野実クラブキャプテン、田尻稲雄ゼネラルマネジャーの体制を継続、コーチングスタッフは平島英治氏を新ヘッドコーチとしてスタートする。新企画として7月下旬にバーバリアンズがクラブの有力チームに参加を呼びかけるミニトーナメントを計画するほか、別海ラグビー祭についても昨年に続き参加する。高校ラグビー部への技術指導支援なども行っていく。また、次代を担う人材確保に向けて連絡体制などを強化することなどを決めた。

総出席 (出席27人。委任状15人)

第1号議案 
 田尻GMより決算報告  承認
 谷黒氏より意見 「もっと分りやすい内容にしてほしい」

第2号議案
 平島氏 就任  承認

第3号議案 コーチンスタッフ 承認
 平島氏より説明 
 「昨年度の敗戦から また怪我人が多かったこと 大学などで管理されてやってきた人間は自分での管理が得意ではないことなどの理由からトレーニングコーチ(トレーナー)が必要と判断した。バーバリアンズのメンバーでもあり、深い知識と技能を持っていること。交通費だけできてくれること。遠征時もし札幌からトレーナーを帯同させるとしたらそれ以上のコストが生じるなどの観点から弦巻さんを招聘する。回数については月1回の予定。費用を予算化する。昨年度のテーピング代が15万弱ある。これは個人で用意するもの(慢性のものについては)として費用は捻出できると判断した」

 質疑
 早川氏  「経費としてやるのなら 経費を圧縮する努力が必要チケットの現物を送る。また、エアドウなどを使用したらいいのでは」
 榎本氏  「ヘッドコーチのしたにABCの各コーチを置いたらどうか。キャプテンはチーム作りやゲームプランに集中するのが良いのでは」
 菊地氏  「ABの選手ともっとコミニケーションを取りたい。そういう意味からも残って教えて欲しい」
 早川氏  「ラグビー教室的なもの開催したらどうか。ABの選手で構成。長谷川・土方がリーダーとなって若手の育成を図るべき」
 谷黒氏  「ABC同じ練習をするのか」
 平島   「する」
 涌井氏  「レフリー活動についての考えはあるのか。組織化して活動したらどうか」
 平島氏  「検討します」「5月7日の試合でセレクションします」

第4号議案 
 ・別海ラグビー祭参加  承認
 ・12月遠征 YCAC 及びBゲーム  保留
 ・7月末 招待試合
  「六甲、ピックノーズ、曼荼羅、早稲田ROBに打診中。すくなくても早稲田は来る予定」
 早川氏 「追放されたクラブと試合してよいのか」

 田尻氏 「事情を理解。神奈川県登録で新しいチームとして出発している」
 ・25周年事業の是非  保留? NZツアーとのからみとふくめて検討
 ・NZツアー 長谷川氏より 「来年2月末ころがいい」
  挙手により実施の方向で検討することに決定

その他連絡  
 ・連絡網 平野、西尾氏が作成して配布
 ・新人連絡 加藤氏
 ・住所録メンテナンス 加藤氏
 ・ラグビースクールへのコーチ派遣 事業として行う。高校への技術指導支援 小樽潮陵高校、美幌高校、北見北斗から打診あり 協力する
前のページに戻る ページのトップに戻る

2000年度 NPO北海道バーバリアンズRFC総会議案

1、日時     平成12年4月22日(土)17:00〜
  
2、場所     中央区北10条西14丁目AKKビル六階大会議室
  
3、議事
第1号議案  
 1.1999年度決算報告
 2.1999年度事業報告

第2号議案  理事変更について
        平島英治氏  就任

第3号議案  2000年度新体制について
 1.コーチングスタッフ等
 クラブキャプテン:秋野実
 ゼネラルマネージャー:田尻稲雄
 ヘッドコーチ:平島英治
 Aチームキャプテン:ジェイミーコベントリー
             以上については3月4日の99年度総会で承認済み
 コーチ:ジェイミーコベントリー
 セレクションパネル:ヘッドコーチ ABC各キャプテン
 トレーニングコーチ:弦巻(東京より招聘。交通費はクラブ負担)、長谷川(補佐)
 協会担当:平野、市川
 会計:枝廣
 NPO:長谷川、山崎
 物品管理:西尾、信清
 イベント:榎本
 広報:西野
 このほか、コーチ・セレクターは理事会の承認を経て必要に応じて追加

 2.年間スケジュール

第4号議案  2000年度活動計画
 1.別海ラグビー祭8月19日20日
 - 本年度は8月19日、20日で開催予定。別海ラガーより協力の要請あり
 2.遠征12月等
 - 全国大会前にYCACへ遠征  
 3.招待試合7月末
 - 六甲クラブ 曼荼羅 ピックノーズを招待しミニ大会を主催
 4.25周年事業の実施の是非
 - クラブとして25周年の記念事業を行うか否か行う場合の立案・運営について
 5.NZツアー
 - NZツアーの実施についてツアーの位置付け。実施時期(2月末案 GW案 8月盆頃案)
 
 その他連絡事項  
 1.連絡網
 2.新人連絡
 3.住所録メンテナンス
 4.会費の徴収について
前のページに戻る ページのトップに戻る

クラブ総会開きます

総会は4月22日(土)17:00〜  AKKビル六階大会議室
        北10条西24丁目 
        地下鉄では 東西線24軒駅下車 2分 環状線沿い

今年度のバーバリアンズの活動について議論する大事な場です 会員の方は必ず出席ください
(会員とは会費を払ったひとです:これから払おうとする人もOKですバーバリアンズの活動に(試合も)参加する人はバーバリアンズの会員です)
欠席の場合は 必ずご連絡ください。
長谷川まで 携帯090−1380−0269
前のページに戻る ページのトップに戻る

16、23日の練習会場決まる

 シーズン開幕前の練習の会場と時間が決まりました。ゴールデンウイーク中の試合は29日と5月7日の予定です。

4月16日(日)12:15開始
東園小学校   豊平区豊平1条12丁目 
4月23日(日)12:15開始
南白石小学校 白石区南郷通2丁目南1
前のページに戻る ページのトップに戻る

トレーニング開始は4月16日。4月22日に総会

 バーバリアンズの理事会が18日開かれ、2000年シーズンの主な日程と体制を決めた。今季は4月16日のトレーニングからスタート、新年度の計画、体制を提案、決定する総会を4月22日に開く。理事会が決めた新体制、方針は次の通り。

1、新シーズンの体制
クラブキャプテン―秋野実
ゼネラルマネジャー―田尻稲雄
ヘッドコーチ―平島英治
Aキャプテン―ジェイミー・コベントリー
コーチ―コベントリー
スーパーバイザー―木賀沢
セレクションパネル―ヘッドコーチ、A、B、Cの各キャプテン
トレーニングコーチ―弦巻(月一回招へい、交通費クラブ負担)、長谷川
その他理事―協会担当―平野、市川、会計―枝広、NPO等―長谷川、山崎、物品管理―信清、西尾、イベント―榎本、康応―西野
 このほか、コーチ、セレクターは理事会の承認を経て必要に応じて追加する

2、スケジュール
 試合は毎週日曜日に3試合を行うほか、メンバーが多数に達した場合を想定して実験的に土曜日の試合を入れることを検討する。5月末までは毎週Aスコッド40人程度で2試合(ミックスチーム)とCチーム一試合を行う。6月から北海道選手権は、A、B、Cチーム編成で臨む。北海道選手権後に再びAスコッドを編成して東日本に突入する。

3、NPO活動
 札幌ラグビースクールへの協力。ラグビースクールの応援で講師を出すことになりました。いまのところは3月26日、4月9日、16日(すべて日曜日)に二人程度を出したいところです。小学生、中学生の練習を見るわけですが、体慣らしに出るくらいで良いようです。興味がある人は、平島コーチ(hira@green.ocn.ne.jp)まで連絡を。
 今年も別海ラグビーフェスティバルの実行委から協力要請が来ています。8月19,20日の予定です。

4、その他
 25周年記念ツアーは、4月22日の総会でメンバーの意見を聞いて実施するかどうかを決める。
 7月29日に曼荼羅、六甲、早稲田OBの参加でサマーミニトーナメントを行う方向で準備を進める。

 なお、ゴールデンウイークの日程は連休初日の4月29日と最終日の7日に試合を組む。
前のページに戻る ページのトップに戻る

田尻GMが文部省の会議で講演

 文部省主催の生涯スポーツコンベンションが2月16,17日、横浜パシフィコで行われ、「地域スポーツクラブの安定的・継続的運営方策について」をテーマにした第4分科会で、北海道バーバリアンズの田尻稲雄ゼネラルマネジャーが「地域スポーツクラブの特定非営利活動法人化について」と題して講演した。なお日本ラグビーフットボール協会からは普及育成委員会・前田嘉昭氏、多々見道雄氏が出席、タグ・ラグビーの紹介を行った。内容の一部は、MGSのホームページの「最新の更新」または、日本ラグビー協会のHPから見ることが出来ます。(協力・平野和美さん)

MGSのHP
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mgsclub/newpage39htm.htm

日本ラグビー協会のHP
http://www.rugby-japan.or.jp/iinkai/sportsconvention2000.html
前のページに戻る ページのトップに戻る

新マネージャーが加入。佐藤梢さん

 新しい女性マネジャーが加わりました。佐藤梢さんです。
バーバリアンズのホームページを見たのがきっかけだそうです。噂によるとオリンピックを目指すようなアスリートだったようです。すでに岩本君の送別会に出席してますが、みなさん、よろしくお願いします。

以下は佐藤さんからのメールです。

「 バーバリアンズの皆さんが思う存分はじけられるように、できるかぎりお力になりたいと思います。いい試合を観せて下さい。
きっかけは、社会人1年生にも慣れ、またなにか新しいスポーツでもはじめようかと思ったのがきっかけです。でも、ドクターストップでそれがだめになって、前々から大好きだったラグビーにはまってみようと思いました。そして、インターネットで検索をかけて、引っかかってきたのがバーバリアンズでした。速攻でメールしてマネージャーを希望しました。(本当は自分でプレーしたいぐらいなのですが・・・絶対死ぬと思うのでやめときます」
 年齢は21歳。血液型はA型。仕事はパソコンのインストラクター。趣味・特技はピアノ 、水泳、ドライブ、釣り、洋楽、アーチェリー、スポーツ観戦
前のページに戻る ページのトップに戻る

3月4日に総会と納会

 2月5日(土)の理事会で平成11年度の納会及び通常総会の日程が決定しました。
  日 付  3月4日(土)
  時 間  PM6:00〜
  場 所  フジホテル
総会では新体制の承認など重要決定事項がありますので、予定調整のうえ出席お願いします。費用などの詳細は後日お知らせいたします。
前のページに戻る ページのトップに戻る

来シーズンに向けて意見を聞かせてください

 バーバリアンズメンバーの皆さんへ。
来シーズンの当クラブの運営に関して、ご意見を聞かせてください。
必ず、紙もしくは電子メールでください(公表はしません)。郵送の場合はバーバリアンズ事務局(〒060−0010 札幌市中央区北10西24AKKビル 山形薬品内)までご送付ください。
内容
1.練習について
 a 期間(シーズンのスタート、オフの設定)
 b ピーク設定(ピークの持っていき方、設定の仕方)
 c 内容(フィットネス、個人スキル、チームスキルの期間ごとバランス)
2.スタッフについて
 a コーチングスタッフ
 b チームスタッフ(キャプテン、バイスキャプテンを各チームどうするか)
 c セレクションパネルメンバー
3.その他
 メンバーの補強方法、今シーズン不満だったことなど

以上忌憚のない意見をお聞かせください。

P.S.オーバー35遠征について
2月11日11:30KO(横浜YCACグランド)のスケジュールのみ決定しています。
参加希望の方は、平島(hira@green.ocn.ne.jp)まで連絡ください。
前のページに戻る ページのトップに戻る

内地バーバーズ本格活動宣言

皆さんこんにちは。
内地バーバリアンズの新年度の活動についてご連絡申し上げます。
ずばり今年(2000年!)は内地バーバリアンズ本格始動(立ち上げ)の年にしたいと思っております。この内地バーバリアンズの今後の位置づけにつき、梅沢さんと色々話し合いましたが(単なる北海道からバーバーズが遠征してきたときの受け皿、またはOBチーム等)、2人とも本格的にやってみたい!という結論に達し、来年より本格的にチーム作りを行うこととしました。取り敢えずメンバーを募集します。これは以前北海道バーバに所属していなかった方でも、バーバのクラブ精神に則っている方であればO.Kとしたいと思います。
チームに参加の方にはジャージを購入していただきます。ジャージは本家と同様赤黒とします(現在持っている方はそれでO.Kです。)年会費も頂きます。1/1〜12/31分として5,000円とします。今年度の活動については基本的にMGSクラブとジョイントで行います。(おおよその計画は以下の通り)
・ 1月〜…毎週木曜日19時30分より東京体育館で陸トレ
・ 2〜3月…毎週日曜日三郷のグランドで練習または試合
・ 2月中旬…YC&AC OVER35
・ 4〜7月…試合(7月北海道大会、菅平でのフェスティバル)
・ 8月…オフ
・ 9〜12月…試合または練習

NPO北海道バーバリアンズの一員として何とかしてやっていきたいと思います。是非とも皆様のご協力をお願いします。今年内地バーバリアンズでやろう!という方は是非梅沢さんか渡辺までご連絡願います。こちらからも折りを見てご連絡致します。
 ジャージの注文は取り敢えず1月中に行いたいと思います。1枚11,000円(輸送費込み)です。サイズ、背番号を教えて下さい。重ねまして宜しくお願いいたします。

渡辺 孝之 メールはfwhp2128@mb.infoweb.or.jp
前のページに戻る ページのトップに戻る

ああ、クラブラグビー。平野さんからメール

 昨年東京都大会で1部から2部へ落ちたPERSON’Sのホームページをご覧ください。同クラブのA2級レフリー・渡辺敏行さんの書いたクラブラグビー論は、面白いですね。まあ、誰もが解っていること==草ラグビーからの脱却=そして、それを実行できないもどかしさ。どのクラブも共通のようで・・・・。

MGSクラブ 平野 和美
前のページに戻る ページのトップに戻る

第7回全国クラブ大会決勝戦の結果

平成12年1月23日12時15分キックオフ 秩父宮ラグビー場

六甲クラブ 57―33(19―12、38―21)曼荼羅クラブ

     T G PG DG 反則
六甲  3-6 2-4 0-0 0-0 14

曼荼羅 2-3 1-3 0-0 0-0 14

・レフリー 桜岡将博 (日本)

  六甲クラブの再起。曼荼羅を撃破!六甲の気迫が昨年の覇者「曼荼羅クラブ」の連覇を阻止した。
 曼荼羅のキックオフで始まり、序盤6分、反則から六甲のハーフ山西のトライから激戦は始まった。前半は、曼荼羅が苦しんだ、FWからの早い展開は、3つ目の攻撃でミスが出る。いつもなら抜けるCTB清水のステップを捨て身の六甲CTBが止める。曼荼羅のFWが縦・縦とサイドを突く、ハーフ浅川からの早いパス・CTB渡辺・小島らが得意とする展開ラグビーは、3回から4回へ継続する。六甲14番吉永のキックを、曼荼羅14番内田がせりながら全力で追いかけるシーンには、曼荼羅応援団をひやりとさせ、六甲応援団から歓声が上がった。
 六甲は、後半8番リチャードが連続2トライを含む、4連続トライを奪い一時45−12とした。しかし、曼荼羅は疲れの見える六甲に猛攻をかけ3トライを奪い57−33まで追いついた。六甲は最後の10分に4人の入替選手を送りこむほど苦戦した。しかし、終始六甲FWの上手さが、曼荼羅の得意とする展開ラグビー押さえることとなった。特に、後半は両雄とも「どちらが早く疲れるか」が勝敗を分ける結果となった。
 「今日の試合は、プレーヤ全員がボールを動かし・走り・キックを多用せず自らが走って前に出ることを意識してくれた」と、桜岡レフリー。その証拠として、曼荼羅の19番青木選手の相手プレスキッカーにボールを届けた行為は称賛に値する出来事ではなかったか。
 それぞれの一流選手が、自己のプライドとチームの名誉を賭けた、秩父宮クラブ決戦の初戦は、関西第一代表六甲クラブが勝利した。この素晴らしい戦いを来年も期待する。          
(東京都クラブ委員会・長澤孝哉)
前のページに戻る ページのトップに戻る

六甲クに逆転負け。全国クラブ大会

 第7回全国クラブラグビー大会は1月9、10の両日、埼玉県熊谷ラグビー場で1回戦、準決勝を行った。関東第2代表で2年連続出場の北海道バーバリアンズは1回戦、九州第2代表のコザクラブ(沖縄)に58―18と大勝、北海道対沖縄の南北対決を制し、全国大会初勝利を挙げた。10日の準決勝では、関西第1代表の六甲クラブと対戦、後半逆転したが終了間際に逆転トライを許し、初の決勝戦進出を逃した。六甲クラブには昨年の全国大会に続いて敗れた。東日本クラブ選手権決勝では曼荼羅クラブに終了間際2分前に逆転トライを許したが、六甲戦でもノーサイド寸前のトライで敗れた。NPO元年に全国制覇の華を添えることは出来なかった。なお決勝戦は1月23日、東京・秩父宮競技場で曼荼羅クラブと六甲クラブが対戦する。

◇準決勝(1月10日・熊谷)
北海道バーバリアンズ 20―27(12―15、8―12) 六甲クラブ
T 西尾
PG ネイサン5

◇1回戦(1月9日・熊谷)
北海道バーバリアンズ 55―18(22―12、33―6) コザクラブ
T 市川2、鈴木、ジェイミー、西尾、ネイサン、国松、信清
G ネイサン5、ジェイミー
PG ネイサン
前のページに戻る ページのトップに戻る

来年こそは全国制覇を。メール続々

 全国クラブ大会は昨年に続いて六甲クラブに敗れ、全国制覇の夢は達成できなかった。長かったシーズンを振り返り、また、来シーズンに向けたメールが届いています。

・平島英治
 バーバリアンズ&サポーターのみなさんへ。長いシーズンお疲れ様でした。こんなにラグビーを「エンジョイ」したシーズンは久しぶりでした。「エンジョイ」を日本語で言う「楽しむ」に訳すると「楽」という漢字の語感から、今シーズンのようなハードな内容の「ラグビー」とは無縁のようですが、シビアなゲームの緊張感と充実感を味わうという楽しみを経験できたかと思います。来るシーズンには緊張感、充実感に加え、是非「達成感」を存分に味わえるように「エンジョイ」しましょう。(選手の皆さん覚悟してください)

・長谷川竜介
 全国大会は皆様の期待にお応えできませんでした。申し訳ございません。室内でのスクラム練習は大変効果があったものと確信しております。有難うございました。詳しくは納会や赤本で触れることにしますが、今年度のチーム方針にご理解、ご協力を頂き本当に有難うございました。コーチとしてクラブ全体に配慮が足りなく 皆さんには迷惑をかけっぱなしでしたが、確実にバーバはレベルアップしたと思います。来年は更に上を狙えるよう選手一同がんばる決意です。来シーズンがんばりましょう。グランドにかけつけてくれたサポーターのみなさんはじめ応援してくださった皆さん本当に有難うございました。

・土方篤
 全国大会お疲れさまでした。私自身は昨年の全国大会は出場できませんでしたので、今回が初めての全国大会となりましたが、結果は別として非常に楽しかったです。私も20年近くラグビーをやってきましたが、今シーズンが一番長いシーズンでした。残念ながら仕事の関係もあり来シーズンはあまり参加できないと思いますが、来シーズンこそ2連敗中の曼荼羅、六甲クラブを破ってもらいたいと思います。

・谷黒正明
 全国大会は、本当に残念でした。確かに曼荼羅・六甲に2回連続負けてますが、その差は無くなってきてますよね。来年は両チームにリベンジです!!少し休養して、4月から全国大会優勝に向けて頑張りましょう!!

・木賀沢智之
 惜敗でした。ただし、全国制覇という目標をより強く認識出来たと思います。試合後熊谷の出口のところで、六甲のメンバーからも握手を求められました。バーバーの実力を彼らが知った表れでしょう。悔しさとみんなの健闘を思い出しつつ、ボーっと歩いていると、曼陀羅の渡部監督に話しかけられました。実は渡部さんは国立高校の監督をしておられたこともあり、北海道に行く前からの知り合いです。渡部さんといい話が出来たので、概要を皆さんにもお伝えしておきます。要すれば「ここで一皮むけるか、それをメンバーが感じるか、そこでチームのこれからののびが決まる。そしてこの一皮をなかなか破れない。」曼陀羅だって三洋という目標があってあそこまでのびたチームです。六甲だって全盛期のイワサキや三洋に何回もはねつけられ、チーム力を整えたチームです。さあ、バーバーも・・・。

・古川竜太(ピッグノーズ)
 2年連続で同じ組み合わせ・同じ相手に負けました。しかも違うチームにいながら.わたしは疫病神でしょうか?個人的には技術・体力ともにアップしたと思っていますが,打倒長山氏の目標は達成できませんでした.来年こそ直接対決を実現すべく,出直してきます.
追伸:長谷川さんの「外人来い!」コール良かったです.

・矢内稔
 昨日は応援に行くことができず申し訳ありませんでした。1回戦の圧勝降りを新聞でみて、23日の秩父宮での決勝戦は間違いないと確信していただけに、残念でした。それ以上に皆さんの方が…。やはりゲーム形式の実戦練習ができないのが辛いと、平島さんが言っていましたがそうしたことがゲームの中で微妙に影響されたのだと思います。この経験を生かしまた新たに「クラブ日本一」に向かって精進あるのみです。選手の皆さん、そして陰で支えてきた皆さん本当にお疲れさまでした。

・木賀沢智之
 バーバーのメンバー全員が「健闘では満足できない」という事を肌で感じ取れたのではないでしょうか。頭で思っているのと、実体験で感じ取るのは大きな差があります。そして、ホームページの方にも書きましたが、本当はここからの一歩を踏み出すのに本当に苦労をすると思います。その苦労を一緒にこれから楽しんで行きましょう。自分に出来る限り、東京からでも、どこからでも応援していきます。バーバーの一員であることを、学院や早稲田のOBであることと同様誇りに思います。そしてこんな感動をあたえてくれるクラブの皆さんに本当に感謝いたします。

・清茂
 準決勝は本当に残念でしたね。でも長谷川君を中心に本当によく戦いましたが、やはり地力の差でしょうか。強いて言えば、声が少なかったかな。来年度は雪辱するよう新たな気持ちでスタートしてほしいですね。また応援してますよ。頑張って!
前のページに戻る ページのトップに戻る

負傷者が相次ぐ。大野はヒザに大けが

 全国クラブ大会は準決勝で大野がヒザじん帯を損傷する大けがを負ったほか、負傷者が相次いだ。大野の負傷は回復まで長期化しそうだ。また、枝広が練習中に負傷した首のけがが1回戦で再発。準決勝出場を断念、代わって中村が出場した。また、東日本決勝で肉離れしたローガンは故障が長引き全国大会を欠場した、ローガンに代わって出場予定だったジョンも1回戦前日の練習でふくらはぎを肉離れして欠場した。ジョンに代わって出場した小松は補って余りある活躍を見せた。東日本2回戦で腰を負傷した信清は大野の負傷でリザーブ出場、カムバックを果たした。また、年末の屋内練習で応援に来た浜崎が鼻骨を骨折するケガをした。

 「大野さんの膝は内側・前十字・後十字靱帯損傷の重傷のようです。リハビリ期間は約8ヶ月かかるそうで、来シーズン復帰は厳しいとのことです。完全に靱帯が切れているわけではないようですが、およそ切れていて、医者からも重傷と診断されたみたいです。声を聞く限りでは元気そうでしたが、それがかえって痛々しく感じました。3月頃には北海道に帰ってくるとのことですので、その時にでも慰労会でも開きたいと思うのですがどうでしょうか?来シーズンの全国大会は大野さんのためにも優勝したいものですね。バーバーズのみなさん、今から来シーズンに向けてがんばりましょう!」(報告・鈴木貴博)
前のページに戻る ページのトップに戻る
特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズラグビーフットボールクラブ 事務局
〒060-0010 札幌市中央区北10条西24丁目3番地AKKビル6F  TEL 011-631-3125 FAX 011-631-0808
お問い合わせ
Copyright (C) 2007 Hokkaido Barbarians R. F. C. All rights reserved.