HOKKAIDO BARBARIANS R. F. C. 特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズ ラグビーフットボールクラブ
トップページ 概要 クラブ情報 日程 試合結果 メンバー リンク 掲示板 写真集
グランド使用のお申し込みについて
グランド使用のお申し込みについて
 北海道バーバリアンズは2007年に定山渓グラウンドを取得して以来、使用制限をできるだけせずに、使いながらグラウンドをよい状態を保つという課題に取り組んでいます。定山渓グラウンドで合宿・練習をされるクラブ・チームの関係者にグラウンドを使用する上で最低限のお願いがあります。
 芝生のグラウンドは生き物です。どんなにきちんと管理されたグラウンドでも芝生は使うと傷んでしまいます。芝生グラウンドを造成・管理する専門業者「北日本ターフマネジメント」の方の話では、芝生は同じ場所を5回踏むと傷んでしまうそうです。同じ場所を使い続けること芝生は回復不能なまでになってしまうそうです。
 残念ながら一般的なラグビーチームの練習では、アップから始め、グリッド、パス、シャトルラン、タックル、アタック&ディフェンス…と、同じ場所で行っていないでしょうか。これだけの内容を同じ場所で続けた場合、芝生に深刻なダメージを与えることになります。傷んだ部分が広がり、最終的に使用不能な事態になる場合もあります。
グランド使用のお申し込みについて
 定山渓グラウンドの芝生に負担をかけず、より良い状態で保つために以下のルールを定めます。(合宿などで連日グラウンドを使用する場合は特に遵守してください。)

1. 中央10mラインから10mライン間の練習は禁止です。(試合形式練習・フィットネス練習を除く)
2. コンタクト練習・スクラム練習はピッチ内(競技区域内)では禁止です。ピッチ外(競技区域外)のスペースを利用してください。(定山渓グラウンドはピッチ以外のスペースが広く取られています。)
3. 可能であれば一つの練習メニューごとに移動する練習をお願いします。グラウンド1面をゴールライン、22mライン、10mラインと左右で8等分に区切り、1ヶ所で練習を集中しないような工夫をお願いします。特に合宿などで連日の練習をする場合は、毎日、練習を始める場所を変える。一つのメニューが終わるごとに場所を移動するようお願いいたします。(別紙参照)
4. 降雨でグラウンドに水が浮いた状態での使用禁止。(ピッチ以外での練習を工夫していただければと思います)

 以上4点を最低限のルールとさせていただきます。
 上記ルール遵守のためには、練習メニューを決めて選手に指示するコーチの意識・役割は特に重要ですし、選手とのルールの共有も重要ですので、チームへの徹底方よろしくお願いいたします。
 グラウンドルールに関する理解がいただけない場合および当クラブの管理者が使用方法に問題ありと判断した場合は指示に従っていただきます。

 また、グラウンド管理作業(水撒き・芝刈り等)の都合上、当クラブのグラウンド管理者の指示に従い、練習グラウンドを移動していただく場合がありますので、ご了承ください。
 
 サッカーのJリーグでは、最も傷みがひどいゴール前の維持対策として、練習の中で最も特定の場所を傷めるキーパー練習を移動しながら行うことが常識となっているそうです。グラウンドを8等分して、一つのメニューが終わるごとに場所を移す工夫をしているそうです。サッカーに比べて、ラグビーはハードな使い方で傷みも激しいそうです。みなさんのご協力をお願いします 。
グランド使用のお申し込みについて
 クラブハウス側が最も傷みやすいので、合宿では奥の方から使い始めて下さい。グラウンド状態について質問がある場合は、気軽に問い合わせをして下さい。
グランド使用のお申し込みについて グランド使用のお申し込みについて
グランド使用のお申し込みについて グランド使用のお申し込みについて
前のページに戻る ページのトップに戻る
特定非営利活動法人(NPO)北海道バーバリアンズラグビーフットボールクラブ 事務局
〒060-0010 札幌市中央区北10条西24丁目3番地AKKビル6F  TEL 011-631-3125 FAX 011-631-0808
お問い合わせ
Copyright (C) 2007 Hokkaido Barbarians R. F. C. All rights reserved.